ここがダメ!雲のやすらぎの注意点!

雲のやすらぎ雲のやすらぎを購入したいんだけど・・・

 

雲のやすらぎはそれほど安い寝具では無いので購入する前にはデメリットを調べて雲のやすらぎで間違いがないかチェックしたくなりますよね?

 

実際に楽天ランキングなどを見れば雲のやすらぎ以外にも売れている同ジャンルの商品はたくさんあります。

 

でも、雲のやすらぎが売れている理由というのはちゃんとあるはずですよね?

必ずだれでも迷うようなわかりやすいデメリットから意外な盲点までチェックして行きましょう!

 

1.雲のやすらぎは高い?

雲のやすらぎの本体の通常価格って59,800円なのでちょっと高い買い物ですよね?

でも、今なら20,000円引きで購入することが出来るので2年も使ったら1日にジュース1杯分にも満たない金額で購入することが出来るので毎日使う寝具としては値段はちょうどいいのではないでしょうか?

口コミを参考にしてみると長く使えること、寝心地に満足できることが理由で値段を含めてもいい買い物をしたと言っている方が多かったですね。

 

2.厚みに関するデメリット

厚みがあるのが雲のやすらぎのメリットでもあるのですが逆にデメリットになる点が何点かあります。

例えば、収納するときにかさばる

 

これは厚みがある布団を3つに折って収納しようとしても場所と高さを取ってしまうのは想像が付きます。ベッドで使用するので天日干しするとき以外は敷きっぱなしなら問題は解決するでしょう。

しかし、毎日押入れの上の段に収納しなければならない時などはスペースと重量を考慮しなければいけないことに気をつけてください。

 

ちなみに高さは3つ折りで60cmほどあるようです。重さは約7kgと重量級の布団なので毎日天日干しするのがしんどいといっていた方で布団を干さずに「ふとん乾燥機」を使って毎日乾燥させるといった無理をせずに対策されている方もいました。これもひとつの手ですね。

 

また、厚みが17cmと高いけど赤ちゃんと一緒に使うのは高さがちょっと怖い・・・という方もいるかもしれませんが高いと言ってもそれほどまでの高さではないので赤ちゃんと一緒に寝るときに問題は無いでしょう。むしろ、防ダニ、抗菌、防臭効果があるのでオススメの布団です。

 

 

3.サイズの問題

サイズの選択肢がそれほど多くないので人によっては困ることもあるでしょう。

サイズは3サイズの

  • シングル(100cm)
  • セミダブル(120cm)
  • ダブル(140cm)

の3種類があります。

これで全く問題ないよ、という方もいると思いますが体が大きいから、または家族と一緒に眠りたい場合にはダブルよりも大きめのクイーンサイズが無いと少々不安かもしれませんね。

長さは全てのサイズで一律の200cmで一緒です。

 

雲のやすらぎの詳細

システムが強いFX業者